Z800-FW168HRのレビューページ

Z800-FW168HR レビュー総合

4.9
Rated 4.9 out of 5
4.9 out of 5 stars (based on 37 reviews)
非常に良い89%
良い11%
普通0%
悪い0%
非常に悪い0%

Z800-FW168HR レビュー投稿フォーム

Z800-FW168HR お客様投稿レビュー

音のバランスが自然で素晴らしい。エージング後が楽しみです。

Rated 5 out of 5
2022年6月20日

組み立て、塗装、スピーカ実装、ネットワーク接続を含めて、2日で仕上げました。組み立てはキットの製作精度が素晴らしく全く問題ありませんでした。クランプは、多めに準備したほうがいいです。塗装は、水性オイルステイン、水性ウレタンニスで仕上げました。
音出しは、マランツMODEL30(アンプ)、SACD30n(NWCDプレイヤー)で試聴しました。かなりいいです。コンパクトなスピーカでこんな音が出るんですね。びっくりです。将来的にZ505、
Z501等追加できたらと思います。どんな音になるのでしょうか。楽しみです。

山下 雅輝

まさに、ハイエンド

Rated 5 out of 5
2022年5月9日

数年前から、こちらのキットの購入を検討しており、やっと買えました。
fostex GX100 を使用していたのですが、比較すると・・・
いや、比較にならないくらいの歴然とした差を感じました。
簡単に言うと、GX100を大きく鳴らすと、音が歪んでくすんでしまいますが、Z800では、まったく感じません。
解像度が高く、楽器それぞれの音をしっかりと鳴らしてくれます。
音の表現、好みに関しては、アンプやDACで変わるので割愛しますが、
これだけのものだと、それなりの物にしたくなります。
個人的にはソウルノートA2とハイエンドAVアンプが欲しくなりました。
兄が以前使ってた70万のスピーカーと比較しても負けてなく、それ以上(環境やアンプは雲泥の差なのに)と感じました。
塗装は水性うるしで仕上げました。手放すことはないので、雑な仕上げです。
組み立てて感じたことは、スピーカーケーブルの皮むきは、大山さんが使ってるのと同じものを使うことをお勧めします。
電線用のワイヤストリッパーでは、より線を切ってしまうことが多く、工具とケーブルを買い直しました。後、はんだは、音楽専用のを使い、こては、温度が400度以上になるものを使用した方がよいです。
最後に、この値段で販売してくれてる音工房Zさんに感謝しますし、本当にお勧めです。

Zyaa

Z800-FW168HR 最高!

Rated 5 out of 5
2022年4月14日

友人たちには
「300万円のスピーカーと同等の音で毎日音楽を聴いてるよ!」
と自慢しています。
何度も塗料を塗り、サンドペーパーでこすり、味わい深い色に仕上がった自作スピーカー。我が子のような愛着があるためか、その音にも満足しています。
詳しくは私のブログをご覧ください。
http://hmtskz.seesaa.net/article/485430484.html

マッツ

バランスの良い音

Rated 4 out of 5
2022年3月28日

楽器の音が高音から低音まで明瞭に聞こえて良いです。ギターの音などで
自分のイメージと違う(中音域を増やしたい)ので、今後工夫してみます。
塗装の説明動画は、大変参考になりました。
今回スプレー艶消し黒を7回塗りました。サンドペーパーもその都度かけて
満足の仕上がりです。(写真を添付します)
スピーカーは、7.2ch AVサラウンドアンプDENON AVR-X2500H につなげてテレビと
音楽を楽しんでいます。
DVDは、SONY BDZ-EW520 BlueRayレコーダーにて再生しています。
テレビを含めた写真を添付しました。
リアスピーカーは、2019年にSTEREO編、特選スピーカーユニットのマークオーディオ
OM-MF519(8cmフルレンジ)バスレフで天井から吊り下げています、この写真も
添付しました。
オーディオは大学生のころJBLの音をめざしてFOSTEXの20cmフルレンジ片側2つと
日立のツイーターで作ったり、4チャンネルのリアスピーカーを三角錐型で
作ったりを40年前ごろ行っていました。
スピーカー作りはずっと行っていなかったのですが、サラウンドテレビモニター
スピーカーにJBL 4312MⅡを使用していて(写真のスピーカー2種類写っている
右側)上記に記載したOM-MF519(8cmフルレンジ)バスレフを作り、こちらの方が
指向性、響き、バランス良く、その後同じOM-MF519にてその本に載っていた
バックロードを作って(写真の2種類写っている左側)、それがさらに
バランス良く、自分好みに調整して聞いていましたが、貴社のホームページ
を見てこのたび購入・制作して楽しかったです。
今後もメールとホームページを見ますので、よろしくお願いいたします。

小林 稔

霧が晴れた景色を見ているよう

Rated 5 out of 5
2022年3月28日

ソース:JAZZ ソニーロリンズ 1965年7月録音
DENNON(レコードプレイヤ)→YAMAHA T-5(アンプ)→スピーカ
これまで使っていたスピーカは貰い物で小さくて音がしているだけのものといった感じでスピーカの導入を5年前から検討してました。 製品を購入しようかと情報を収集しているところに音工房さんの熱いメッセージが目に留まり、キットを製作する決意をしたのです。
2022年の1月に材料が届き組み立てに入ります。制作の90%がケースの組み立て塗装です。
自分は、染色して艶消しラッカーにしました。3月27日 音出し、今まで聞こえなかった楽器の音が聞こえます。特に高域でシンバルを触る音、音が忠実に再現されます。づっと聞いていたくなります。
今後は、スーパーツイータの導入、アンプもグレードアップする予定です。
進化は続きます。

阿部郁夫

音の透明度と定位に満足

Rated 5 out of 5
2021年11月2日

音楽が好きで、自分でも弦楽器を弾き音に関してそれなりの感覚は持っていると思います。
定年退職後音楽鑑賞に少し贅沢をしたくて、スピーカーをネットで探していたのですが、音工房Zさんの、ウェブページを見てこのスピーカーを作ってみたいと思いました。
これまでに、長岡鉄男さんの理論の鳥形のバックロードホーンを作って聞いていたのですが、バックロードホーン特有の低音の遅れが気になっていました。
Z800-FW168HRを思い切って注文し、ほとんど木工初心者で製作に心配があったのですが、詳しい手順書やネットの動画を見て何とか作り上げることができました。
一番苦労したのは塗装で、ラッカー塗装を何とか仕上げて完成に至りました。
スピーカーの音を初めて聞いて感じたのは、打楽器の明瞭さでした。オーケストラの音の中で、打楽器、特にトライアングルやシンバルの音が生の楽器の音に近く聞こえ驚きました。次に、ピアノの音も実際の楽器が鳴っているのに近い音で満足しています。弦楽四重奏を聞くと、四つの楽器の位置がわかるような感じでこれも素晴らしいと思いました。
今使っている機材は、MarantzのM-CR612なのでアンプをグレードアップして低域を充実するためにZ505-Trentoを追加しようと考えてます。

チャリクロ

秀逸なスピーカーキットです!

Rated 5 out of 5
2021年9月15日

本商品は非常に評価が高いので,是非視聴してみたいという衝動にかられ25年ぶりでスピーカーの自作(前回はフルレンジPM6A-バックロードホーン)にチャレンジする事にしました。音出しをして感じた第一印象は,透明感があり高域から中低域への繋がりが良く奥行感や音色の艶やかは素晴らしいと思いました。エージング後は一体どうなるのか楽しみです(視聴時のアンプ:AH! Prolouge1という真空管アンプ,ソースはEnya CD)。人生初の染色塗装(つや有)に挑戦しようと折角組んだスピーカーですが,一旦ユニット等は全て取り外しました。特典動画を良く見て勉強すれば何とかなるかな? 塗装が上手く出来たら,写真もアップしレビューしたいと思います。コロナ禍のおり老後の楽しみを提供して頂き,音工房Z様には感謝申し上げます。

YaS

大満足!

Rated 5 out of 5
2021年9月1日

41年ぶりに音楽をかけました。エージングはしていませんが、あまり気にしていません。少しずつの変化は認知できません。手許にはLPレコードしか音源が無かったので、あわててダウンロードしたりして音源をそろえています。マイク、ピクアップ、スピーカ、部屋以外のアンプなどは音質にはほとんど影響しないと思っているので安物を揃えました。(アンプ自作は時間がとれなかった)主にジャズやラテン音楽を聴いています。高音が聞こえなくなっていることにショックを受けました。マンションに引っ越したため音量を上げられないのがストレスです。

曽根 清

自作の楽しさを満喫しました。音はこれからが楽しみです。

Rated 5 out of 5
2021年8月17日

長年愛用したQUADのESL63proがついに絶命した後10年近く音から遠ざかっていました。発注していたキットが2021年6月末に到着、組み立てはすぐにできましたが、下地調整と塗装に時間をかけたため8月上旬になってやっと音出しにこぎ着けました。サラ・ヴォーンの口が小さくなって音像低位がはっきりしたことが驚きでした。エージングでこれから先が楽しみです。動画も利用した懇切な製作塗装手引きに感謝です。一つだけ反省を追加、塗装は明るいところでやりましょう。刷毛の毛1本落ちたことに気がつかず塗装を続けてしまいました。これも自作記念と思って大切にしたいと思います。塗装については、有機溶媒を使いたくなかったので、水性サンディングシーラーとアサヒペン高耐久2液ウレタンニスつや消しクリヤを使いました。

古稀老人

素晴らしい音です。

Rated 5 out of 5
2021年8月10日

ヤマハのNS-F700と聞き比べるのが、恥ずかしいぐらい素晴らしい音です。小生の素人耳でも、明らかに違いがわかりました。
組み立ては2日で終わりましたが、これまで作成したキットと違い、ユニットの重さにはビックリしました。
今後のエージングが楽しみです。

ヒデくん