Z701-Modenaのレビューページ

※Z701-ModenaはV3以前はZ701-ModenaBHBSminiという名称でした。内部の基本設計は同じため、2つともこちらのページにレビューをお願いいたします。

Z701-Modena レビュー総合

4.7
Rated 4.7 out of 5
4.7 out of 5 stars (based on 27 reviews)
非常に良い67%
良い33%
普通0%
悪い0%
非常に悪い0%

Z701-Modena レビュー投稿フォーム

Z701-Modena お客様投稿レビュー

小さいのにヤルなー

Rated 5 out of 5
2021年4月5日

完成。年齢のせいで聴きづらくなってきたTV音声用。50年振りの木工?なので写真を真似してクランプ4組作成から始めました。頭の体操になりました。一番苦労したのは視力・筋力低下で手元が定まらない半田付け作業。Tannoy rectangular Yorkの上に載せて切り替え試聴しましたが能率の良さで僅勝。好きなMozartではどうかなー。 ところでフローリング直置きではボンつきます。皆様は置き場所にどんな工夫をされているのでしょうか?やはりdaddy-long-legsが良いのでしょうか?

trondheim

えっ!何このスピーカーの音!!

Rated 5 out of 5
2021年4月5日

私は69歳の年金生活者です。オーディオに興味を持ったのは20代から30代にかけてで、最後はJBLのスピーカー、サンスイのプリメインアンプ、デノンのレコードプレイヤー、マランツのCDプレイヤーの組合せ(いずれも中級器)で、主に海外のロックやポップスなどを中心にジャズやフュージョン何でもありという楽しみ方をしてきました。どちらかというと好きな音楽を聞き流すというより、いい音を真剣に聞くという傾向の方が強かったかもしれません。
しかし、40歳を過ぎたあたりから仕事の忙しさもあり徐々にオーディオから遠ざかってしまい2年ほど前にレコードプレーヤーのみ残しその他の機器は処分してしまいました。
音楽の楽しみ方もアマゾンミュージックをブルートゥースでペアリングした小型スピーカーで聞くくらいになっていました。
ところが、仕事もリタイアしコロナの影響で外に出ることもできなくなり時間を持て余すようになって、また以前のようにゆっくり音楽を楽しみたいという気持ちが強くなってきました。考える時間は十分ありました。そんな中で音工房さんに出会いブログをじっくり読んでブラインドテストの動画なども何度も繰り返し見て「Z701-ModenaV5」なら今の私の欲望を十分満たしてくれるだろうと確信を持つにいたりました。
製作にあたっては初めての自作となるので不安がいっぱいでしたが部材の正確さに助けられ難なく(?)完成させることができました。塗装はこれも初めてのことなので、簡単と思われるオイルステインで仕上げました。そして調子に乗ってスピーカースタンドも自作してみましたがいかがでしょうか?支柱部分には砂も詰めてがっしりできています。
前置きばかりで申し訳ありませんでしたが、これからが本題の音に関してです。冒頭でも申し上げた通りレコードプレーヤー以外は何もない状況だったのでこちらもじっくり考えました。現在では音源も様々なものがあるようですが、もうこの歳になるとそれらを使いこなせる自信がありませんので、試行錯誤した結果何でもありのマランツのネットワークCDレシーバー(M-CR612)とレコードを聴くためのフォノイコライザーを購入しました。
さて、最初に試聴したのは大好きなカーペンターズ、音源はアマゾンミュージックHDです。
「なななな何だこの音は、大好きなカレンの歌声が私をやさしく包み込んでくれる」その上ただ美しいとだけ思っていた彼女の声がわずかに震えているような。その感動は初めて4Kテレビを見たときに似ていました。その後はホテルカリフォルニアやチェロ独奏やピアノ、バイオリンなどなどあらゆるジャンルの音楽を聴きましたが、どれもこれも素晴らしかったです。
私の選択に間違いはなかった。今も音楽に包まれながらレビューを書いています。
音工房さんありがとう!

タムタム

ユニットの良さを最大に活かし切った設計、組み立てやすさも秀逸。

Rated 5 out of 5
2021年3月11日

現在ユニットの馴染みをとっているところです。最初の音出しの第一感は、少し高音が甘いかなと思いましたが、チェロの弦の響きがとても生なましいのにびっくりしました。聞き込むにつけ、女性ボーカルの特にマライアキャリーの高い裏声を忠実に再現していると思いました。いつも聞いているTANNOYのMercurym1より低音はよく出ています。現在CDプレーヤーが修理中のため、ソースはほぼPCのSpotifyをBluetooth 接続で聴いております。自分の部屋用にMARANTZNR1200と中華アンプのELEGIANTを併用し、瞬時にソフトでデバイスを切り替えて視聴しています。そのうちリビングのB&W
と聞き比べたいと思います。今のところほとんど申し分のないスピーカーだと思います。今後エージングを重ねることで、音に艶が増してくることを期待します。

Vine

想像を超えています

Rated 5 out of 5
2021年3月5日

LUXMAN CL38UC,MQ88UC
Satin Dall-
Manhattan jazz Quintet

kakiuchi

中、小型スピーカーに勝るとも劣らぬ、素晴らしい逸品

Rated 5 out of 5
2020年12月28日

作成後1年超使用した感想を述べさせていただきます。
使用形態はスピーカーのみマークⅡに変更、丸型ツイーター、サブバッフル追加、タオックのスピーカー台に、タオックのインシュレーターとういう形で置いています。
聴感上での感想ですが、自分はJBLのL300や4311、アルテックのサンタナⅡも使用しており、やはり超小型ということもあり、音の響きやスケールでは劣りますが、特長として、
①音量を絞っても音がやせずに、バランスよく鳴ってくれる。
②低音が常に中高音のバックで力強く聴こえ、箱全体がスピーカーの如く響いてくれる。
このあたりは、やはり箱自体の設計のすばらしさによるものと思われます。
③3ウエイなどと違い、音源が1点から聴こえる。このあたりはシングルコーンの良さなの
ですね。マルチウエイは音源がバラバラ状のものが集合したように聴こえる。
④スケールダウンの関係で、早朝や深夜に音量を絞って聴くには最適なスピーカーで、常 にバランスの良い音をだしてくれるので、一度聴きだしたら、いつまでも聴いていたく なる音を出してくれます。
ただ、この箱をうまく鳴らすすには、やはりアンプを選ぶようで、低域が力強いパワーアンプが最適です。自分はBGWの750Eを使用していますが、ソースにもよりますが、その低音は中小型にくらべ質感こそ劣りますが、音量自体は勝るとも劣らずの感じです。
一度聴き出したら、他のスピーカーの存在を忘れるような素晴らしいスピーカーであると思います。(大山様に感謝です)
なお、其の後に出されたZ1-Livornoも気になっているのですが、なにせ部屋中がスピーカーとアンプで足の踏み場もないほどですので、当分は導入も難しく、歯がゆい思いです。
とにかくこのアンプは大山様が研究と改良を重ねた結果の、他に類を見ない超小型スピーカーの傑作、と認識しております。
これからも聴きこんで、末永く愛聴していきます。

音です。

原 茂則

組み立てバッチリ、手順どうりで完成。音出し、強い元気な音です。

Rated 5 out of 5
2020年12月18日

Z7o1-Modena(V5)+スーパーツイター。
音楽のソース,CDはパソコン、LPはミキサーへ。PAは自作、部品は秋葉でネット。JAZZが中心ですが、何でも聞く。音が落ち着くのが楽しみです。
余計なことですが、 オリンピックをはさんで5年半ほど大宮駅東駅近くに住んでいました。懐かしい埼玉です。

南、79歳の年金生活者

バッフルによって全く違った音になると思います。

Rated 5 out of 5
2020年10月26日

共立電子株式会社の共立プロダクツ事業所さんの背面バスレフエンクロージャーを使用しました。
長岡鉄男さんの薦めていたタイプのエンクロージャーでH:450mm、D:300mm、W:140mmの箱にZ-Modena MK2を取付ました。想像以上の低域(25cmクラスにも引けを取らない)と高域もトィータを足してもアンバランスにならないと思われました。
入力を入れれば入れただけの押し出しが出てきます。
奥行きのある箱とのマッチングが素晴らしかったのだと思います。スピーカー本体性能の良さが一番ですが、それを生かし切る最良の組み合わせだと思います。

KOVA

例えるならOne Point Micで収録した音、ビンテージでなくボージョレーワイン

Rated 4 out of 5
2020年10月24日

高評価が多いけど本当なの?低音共振出ないの?どんな使いこなししてるか知りたい。ソースはボーカルCD、Music Video、ピアノ協奏曲、TVのミュージックステーションなど。
最初は低音の共振が気になってHi-Fi使用は止めてAV用に使用したが、TVのミュージックステーションのタモリの声がちょうど共振し、音工房のアドバイスで開口を調整したが治らなかった。使い道が無くて、買って失敗したと思っていたが、ケンウッドのミニコンポに繋いでトーン調整でバスを絞ってスーパーバスを上げると共振が納まった。その状態でツイーターを追加して聞いているが、これが音工房で言っているフルレンジ一発の音か!と納得した次第です。
昔、会社合唱団(全国金銀銅レベル。金は住友系でした)発表会録音を依頼されて会社貸与の最高峰装置で録音しましたが、ミキサー通した音よりもセンターマイク二本(ステレオ)で録音したものが一番心地よく、不要?な音もなくて会場の雰囲気そのもの(臨場感が高い)でした。こいつはその感覚を呼び覚ましてくれます。
例えばピアノはオンマイクだと細かい音を捉えますがグランドピアノの響きが出ないのでアップライトとの差が分かりません。オフマイクだと軽くなりますが臨場感が出て違いが出ます。
Z701-Modena は正にオフマイクの音で、疲れなく何時までも聞いていたくなります。マニアックな重箱の隅をほじくるのでなく、コンサートのPAでなく生のような音をリビングでゆったり聞くのに適しています。おかげで別のHi-Fiのセットを聞くのが減ってしまいました

Runakuro

見かけによらず凄い

Rated 5 out of 5
2020年9月18日

CDサラブライトマンの「Anytime Anywhere」の最初の管楽器の分解能が良い。癖のない音で、重低音以外は申し分ない。音量に限界があるため、現在はTV専用にしているが、TVのスピーカーとしても素晴らしい音を出してくれ、我が家で最も活躍している。

高村俊朗

8cmのフルレンジで全体の音のバランスもいいです。

Rated 4 out of 5
2020年6月21日

仕事場に使うコンパクトで音のいいスピーカーを探していたところ、何かの機会でこのスピーカーキットを知りました。開発経緯などが紹介されていて、バックロードホーンのスピーカーにも興味があったので購入しました。
エンクロージャーの製作は、数十年前にオーディオ専門誌にて限定50セットのみ販売されたビクターのSX-500 Dolce II スピーカーユニット使った(故)長岡鉄男さんのダブルバスレフ以来、久しぶりでしたが、若い頃、いろいろ自作していましたので、問題なく製作できました。
Z701-Modena(V5)を開封したとき、スピーカーユニットをみて「え、こんなに小さいスピーカーで大丈夫なの?」という印象でしたが、エンクロージャーの加工は、すごく精度が高く組み立てるのに、苦労するところはありませんでした。過去、クランプがなくて、圧着するのに苦労した経験がありましたので、クランプも同時購入してました。
エンクロージャーの製作経験は、それなりにありましたが、オーディオマニアと言うわけではないので、音に関してのこだわりは、さほどありません。制作後、最初に音をだしたとき、こんなに小さいスピーカーなのに、低音が良く出ててすこし驚きました。いま、聞いているドルチェのダブルバスレフは、経年劣化でウーハーのエッジが堅くなってきているせいか、聞き比べると、低音の音色は、違いますがZ701-Modena(V5)の方が低音は良く出ています。
8cmのフルレンジで全体の音のバランスもいいです。仕事場である程度、音量を上げて長時間、聞いていても疲れない音色だと思います。
8cmのフルレンジなので、高域もある程度、出ますが、フルレンジの高音は、少し安っぽい音色なので、追加でスーパーツィーターキットを購入しました。
スーパーツィーターをつけると中高音から音色につや?がでて、数段ランクアップした音になりました。
フィルムコンデンサーは、付属の2ufと1ufを試しましたが、私は、2ufのほうが、好みです。
塗装は、砥の粉で目止めして、ステインで着色、サンディングシーラーで下塗り、つや消しニスで仕上げました。油性の塗料は仕上がりがきれいですが、取り扱いが大変なので今回は、すべて水性の塗料を使いました。せっかちな性格なので塗装を急ぎすぎた部分があり、すこし失敗しましたが、見るに堪えられないほどではないので、そのまま使用しています。
いろいろ書きましたが、Z701-Modena(V5)は、コンパクトで場所を取らないのに音がいいので、結構、気に入っています。スピーカーにほこりが付くのがいやなので別売のサランネットをつけ、長く使っていきたいと思います。
ちなみにアンプは、DENON PMA-1500RE と純A級真空管アンプをその日の気分に応じて使い分けています。音の違いは、さほどあまりありません(笑)

OT