Z501のレビューページ

Z501 レビュー総合

4.6
Rated 4.6 out of 5
4.6 out of 5 stars (based on 32 reviews)
非常に良い69%
良い25%
普通3%
悪い3%
非常に悪い0%

Z501 レビュー投稿フォーム

Z501 お客様投稿レビュー

小さな躯体にこんな能力があるとは!驚きの製品です。

Rated 5 out of 5
2021年9月1日

スピーカーはエルシー電器のLCC-M3、アンプはALPINE/LUXMAN LV104U、音源はApple MusicからデジタルデータをUSB-DACでアナログ変換しアンプに繋いでいます。ジャズ、クラシック、ヴォーカル、ラテン、カントリー&ウエスタン等々、幅広い ジャンルを聴いてます。驚いたのは、まず低音の輪郭がくっきりしたことです。
さらに全体的に音が締まり、楽器やヴォーカルの定位がはっきりして、7cmに満たないこのスピーカの性能に
驚きました。時間が許す限り、聴きなおしては一人悦にいってます。ありがとうございました。

テツ

高音がきれい

Rated 5 out of 5
2021年7月26日

フルレンジスピーカー Alpair7MSに追加(コンデンサー0.56μF)
プリメインアンプ:ヤマハA−S801
BDレコーダー:ソニーBDZ−EW1200
D/Aコンバーター:ランサーリンクDCT−3
よく聞く曲は、女性ボーカル、洋楽ロックなど。
C0.56μFはAlpair7msとバランスが良いと感じた。鳴りすぎている感じは全くない。それでいてきちんと鳴っていて、それまでAlpair7msの高音に不満は全然なかったが、やはり存在感が出てきた。
追加してみて良かったと思う。

みかん

高域は見事に綺麗になります!

Rated 5 out of 5
2021年6月14日

Z1-LivornoSのところにZ501の感想を記載しました。以下、そのコピペに若干追加して記載いたします。
Z1-LivornoSの音は、本当に素晴らしく、これだけの音が自分の部屋で鳴ったのは初めてです。
クラシック、ジャズ、ヴォーカルもの、どれも素晴らしく、ジャンルを選ばないように感じます。
ただ、女性ヴォーカル、特にユーミンの場合ですが、Z1000-FE103Aのほうがユーミンの感受性の豊かさのようなものが伝わってきて、聞き応えがあります。
これに関しては、FE103Aの中高域の音質の高さが効いているのかなという感じがしました。
Z1-LivornoSにスーパーツイーターZ501をつければ、FE103Aに負けない中高域が出てくるかな? と思っていたところに、いいタイミングでZ501が販売再開になりました。
すぐに購入し、取り付けて聞いてみました。
ほぼ、思った通りの効果があったように思います。
これなら、ユーミンもFE103Aに負けません。
Z1-LivornoSを使い始めてから約4ヶ月、これにZ501を取り付けてから約2ヶ月半が経ちました。
最近、Z501のエージングが効いてきたのか、高域がどんどん良くなってきています。
「鳴っていたのは分かっていたけど、この音はこんな綺麗な音で入っていたのか」
と感動する時があります。
以前、Z701-Modena(V3)やZ701-OMMF519に、Z501のホーンの無いもの、即ち、Amazonで売っている1セット約1万円のスーパーツイーターをつけて聞いていましたが、このような濁りのない綺麗な高音は出てきませんでした。Z1-LivornoSの高域自体がZ701-*****より優れており、その相乗効果があって綺麗な高域が出ているとは思いますが、ホーン自体の効果はかなりあるのではないかという感触があります。
ということで、Z501には大変満足しております。
これから、更にエージングが効いてくるとどんな音になるか、楽しみです。

タックン

驚きでした。

Rated 5 out of 5
2021年5月4日

びっくりの変化でしたが、少し高域が出過ぎるのでコンデンサーを2μFから1μFに変えたところ、入ってくるアコギの音やシンバルの音もいい感じになり、よく聴くノラジョーンズのハスキーボイスもそのままの感じで鳴っています。0.68μFにしてもいいかもと思っています。
スピーカー B&W PM1
プリアンプ JEFF ROLAND CAPRI
DAコンバーター north star design Excelsio
パワーアンプ belcante REF1000M モノ×2

佐波利昭

なくてはならないもの

Rated 5 out of 5
2021年3月11日

Z501 スーパーツイーターを使用して早2ヶ月、Z501は必需品となりました。ジャズとクラシックを中心に楽しんでいます。Z501は説明の通り欲しい高域を補うということが良く分かります。と言うのも私は根っからのフルレンジ派でまとまった音を好みます。スピーカーはジャズマンという平面+後面開放のチョット変わったもの。アンプはバッテリー駆動のものです。ソースはデジタルはCDをMacにwavで取り込んだもの、アナログはレコードです。ジャズマンだけでも満足していましたが、Z501を加えたら化けましたね。Z501の価値はすぐに分かります。躍動感が失われます。音楽が楽しくてしょうがないです。森昌子のつややかな歌声に癒されます。

むらさだ

明らかに違います

Rated 5 out of 5
2021年3月8日

音工房Zさんのスーパーツイーターキットからグレードアップしました。効果音、高域の鳴り方がめちゃくちゃ良くなりました。スーパーツイーターキットとZ501の差は4倍近くの値段の差だけではありません!思い切ってグレードアップしてよかったです。

しょうゆ

音の調味料 スーパーツィターZ501

Rated 5 out of 5
2020年11月6日

最近、購入したスーパーツィターZ502はメインのFW168HRに移行しました。その前に設置したZ501はFOSTEXスピーカーGX100の専属にし、気分に応じて使い分けています。どちらが優れているかの比較ではなくそれぞれの個性を発揮してもらっています。
Z501小さく軽いですが音源としては、「山椒は小粒ほどピリリと辛い」という表現がピッタリの強者です。また、タモ材をくり抜いたホーン型のデザインがいいですね。やはり、リボンツィターのなせる業だと思います。ちなみに、このスピーカーを鳴らすシステムはトライオードの真空管アンプを使っています。
最近購入した平原綾香のJupiterはこのZ501を繋いで聴いていると何ともいえない癒しの声が心に響きます。むかし、秋葉原で購入したダイヤトーンP610を箱に入れて聞いていたころからスピーカーに興味がありました。
WIZ-CORONAの時代にお気に入りのスピーカーで音楽が楽しめるのは幸せなことだとしみじみ思います。
その他のスピーカー
JBL4429 →現在メインのFW168HRと交互に聴いています。蛇足ながら4429は3WAYです。

音楽の旅人

高域補強用としてとても良い!!

Rated 5 out of 5
2020年9月22日

音をよりワイドレンジにするため購入、結果、正解でした。ネットワークを気にせずそのままパラ接続で済むのもシンプルでいいです。高域をより上げるために別売りのコンデンサーも購入しましたが、比較結果、標準で十分でした。
ちなみに当方のスピーカシステムは中域がAIR Tight AL-05 BONSAI+AMPEX414のパラ接続、低域補強にFOSTEX CW200A。
Z501は真四角なAMPEX414の上に載せてデザイン的にも非常にいいです。

hjm

結果は、高音はもとより、驚いたのは音像全体の輪郭がはっきりし、低音の立ち上がりも鋭くなり、全体の解像度が上がって大満足です。

Rated 5 out of 5
2020年1月3日

スワンa+FE108-solを使用している者です。以前、視聴会に参加させていただいた際にZ1000-FE168NSにスーパーツイーターを追加しさらにグレードが高くなった音を聴き、自分のスワンにも追加したらどうなるかなとずっと気になっておりました。FE108-solだけでも十分に高音は出ていると思いましたが、物は試しと思い購入しました。
結果は、高音はもとより、驚いたのは音像全体の輪郭がはっきりし、低音の立ち上がりも鋭くなり、全体の解像度が上がって大満足です。もっと早く買えばよかったです・・・
商品の改善点 :私としてはちょっとデザインがシンプルすぎる気がしますので、四隅に飾りネジや四角く枠状にスリットが入っていたりあるとちょっとしたワンポイントなデザイン的に高級感が出るような気がします。(Z502はネジがありますのでデザイン的なワンポイントになっている気がします。)
また、重さが軽いのでちょっと太いケーブルですとケーブルに引っ張られて位置が定まらないので私は鉛を乗せましたが、置台というか位置が定まるベースのようなものを添付していただけるとありがたいです。

鈴木 賀晴

メインスピーカーであるB&W805Dと今回のZ501を入れたYamahaNS-BP200が高域の繋がりがよくなりました

Rated 5 out of 5
2018年12月11日

初めまして、私は作曲、ミキシング、マスタリングエンジニアをしております、●●と申します。
メジャーアーティストの仕事をしており守秘義務がある為にアーティスト名は申し上げられませんが自社スタジオで常に音楽を聴いている状態です。
今回はアマゾンで偶然にZ501と出会い、中国製なのかと思いながら、半信半疑で購入しました。箱を開けた瞬間に、大山様のご挨拶記事が入っていたのでこれは只者ではないな、と察しました。
このような手軽で、手が出しやすいものを、日本のメーカーさんが作っていたのを知らずに今回勉強させて頂きました。
コンデンサは、1μFに変更し、アッテネーターが手元にないので、距離を離して使い出しました。
自分の手がけたハイレゾ音源等を聴いてますがメインスピーカーであるB&W805Dと今回のZ501を入れたYamahaNS-BP200が高域の繋がりがよくなりました。今日は仕事そっちのけで、試聴を楽しませて頂いております。
自社のFacebookブログにも記事を書かせて頂きます。これからもこの様な商品、楽しみにしております。

OJ